読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダ部長の毎日食べ野菜!

野菜に魅せられたおじさんが人生をドレッシングしたいブログ by 西郷豊

弁当おやじ

f:id:just-bu-fat:20170511131434j:image

 

f:id:just-bu-fat:20170511131546j:image

 

再開しようかなー。

やめよかなー。

15年続いてる行事がこれ

 

焼肉食べ放題。

風風亭@池袋東口店

大学一年の頃から僕はここに通っている。

 

頻度はすっかり落ち着いてGWと年末、

正月あたりで年1〜2回。しかしである。

 

てなことをよくよく考えてみると、

もう15年ぐらい通い続けてるので、

俺歴ではなかなか馬鹿にできない行事となっていることに気づく。

 

 

味は普通。

桐生文化倶楽部(2)「スパイスチキンカレー」

俺はレバ野菜炒め定食の虜

 

行きつけの中華がある。

ここは自宅から近所も近所。

 

尋常じゃない近さのため、

ここは俺の食堂、

という特別な想いを抱いて、

一時期毎日通っていた。

 

たまにわけがわからなくなって、

一日2回行ったこともあるぐらいだ。

 

その結果1年で体重が9kg増えた。

 

さすがにちょっとダイエットした。

このままだと危ないと思ったからだ。

 

この店の中毒性の原因。

味も抜群なのだが、

何より心が満たされるのだ。

 

ライスを少なめに頼むとガッカリ肩を落とすチーフ(主人)と、いつも優しい奥さんが切り盛りするとてもとても小さいお店。立地が無茶苦茶良い訳でもないのに連日客足は途絶えない。なぜ知ってるかって、近所も近所だからだ。

 

「今日は少なめで」「ライスは無しで」「もはや中華をノンオイルで!」そんなワガママを言ってご夫婦をガッカリさせたくなかった僕の足は、気づいたらお店から遠のいていた。

 

ひと月ぶりぐらいに食べるその味は、

中華なのに今日も優しく、

やはり心も満腹にさせられた。

 

 

言っておくがリバウンドは大得意だ。

 

【超推薦】恵比寿でランチにスパイスカレーを食べるなら迷わずここ@恵比寿「あしたの箱」

https://www.instagram.com/p/BTveMF2Dy-o/

#サラダ部長 #お久しぶり #全力でオススメする絶品カレー #毎日食べてもいい #恵比寿 #カレー #スパイスカレー #あしたの箱

 

11:30 OPEN。 恵比寿駅の西口。改札を出たら右に出る。そして右に向かって歩く。

一つ目の角を左に曲がったあたりにこの隠れた名店はあります。駅至近。

 

 

2016年4月にオープンしたばかり。それなのにLast Orderの時間を迎えることなく

売り切れてしまう、そんな超人気店です。

ちなみに売り切れるとこの看板に売り切れって書かれる。先日は13:30頃だったかな。

間に合った〜と思って行ったらもう売り切れてた!

OPEN時刻に合わせて行くことをおすすめします。

 

 

付け合わせの玉ねぎは、そのままの生のやつと、ピクルスになってるやつの2種類。

お好みでのせて、これをぐちゃーと混ぜてワシワシほうばるスタイル。

 

無茶苦茶スパイシーで突き抜ける辛さ。

その鮮烈な味わいに体中が喜んでいるのがわかるの。

 

写真はWサイズという一番大きいサイズですがなんのその。

一口食べるごとに食欲が湧いてくるカレーなので、

ぺろりんちょしてしまいます。

 

 

はいこの通り。

 

 お店の情報はこちら。お昼のみの営業です。

早々に売り切れてしまうのでお早めのご来店をおすすめします。

 

関連ランキング:カレーライス | 恵比寿駅代官山駅

こどもの日はしょうぶ湯

 

 

はからずも、こどもの日だったのでしょうぶ湯に恵まれました。

ラッキー。全力で風邪をひきました。これはもうサウナしかないというわけで。

僕の趣味は食べること、風呂に入ること、で風呂よりも好きなのがこのサウナ。

行き先々で気軽に入れるサウナをついでに探して入る、

もうこれは趣味レベルだと思います。

 

しょうぶ湯。こどもの頃に自宅でも親がこどもの日には準備してくれたものです。

果たして何のために。どんな効能が。なんてことは考えたことなかったな。

この際なので調べてみました。気になる方はこちら、どん。

 

菖蒲湯 - Wikipedia

 

こういう何の意味があるかわからないけど、

なぜか古くから大切にされている習慣、

僕は結構好きなんですよ。

意味のあることばかり追い求めるのは疲れるし。

なんせ、現代まで続いているということは、

すごいイベント力じゃないですか。

そんな計り知れない魅力があるゆえに。

おやきが進化している

 

 

先日お土産で頂いたおやき。

おやきと言えば、野沢菜というイメージがあります。

頂いたこちらはなんとぶなしめじ。

 

 

あとから調べたら、こちらは長野の「いろは堂」というお店みたいです。

パッケージデザインもだいぶ可愛い。

 

www.irohado.com

 

ページに飛んでみるとわかりますが、

色んな種類があっていいです。

他の味も試してみたいですね。