サラダ部長の毎日食べ野菜!

野菜に魅せられたおじさんが人生をドレッシングしたいブログ by 西郷豊

こういうお通しは珍しいなあ

f:id:just-bu-fat:20170518151619j:image

 

派手さはないけれど美味しい。

予期せぬサプライズはありがたいものです。

まるや、みたび。

f:id:just-bu-fat:20170517143157j:image

 

アスパラさん。光ってました。

 

大阪の友人と久しぶりの再会しました。

お馴染みの中目黒「まるや」にGOです。

焼きとんは、珍しいみたい。

 

大阪は焼肉が抜群に美味いですからね。

焼きとんは関西圏ではあまり食べないのかな。

 

f:id:just-bu-fat:20170517143232j:image

 

焼きおにぎり。ぬか漬けが憎い(^^)

 

 

吉柳のポテサラは具がゴロゴロ

f:id:just-bu-fat:20170517144129j:image

 

食べ応え抜群のポテサラ。

赤ソーセージにブロ、かぼちゃ、さつまいも。

これがポテサラとは独立して添えられてるの。

見ていて色鮮やかでとっても綺麗。

一緒に食べるとこれまたすごく美味い。

 

ここはカレーもお酒もほんとに美味い。

ただし超人気店なので

席が空いてるかはそれなりの運が必要。

 

そこがネックなんだよなあ 笑

 

ハウスサラダはチョップドスタイル

f:id:just-bu-fat:20170516154740j:image

 

ちょっとオイルが多かったかな。

 

さて、家サラダです。

家で僕が食べるサラダは、

チョップドスタイル。

 

具材は大体決まっています。

 

・レタス(手に入ればローメインレタス)

    or

・小松菜

↑両方入れてもいいですね

・トマト

・サラダチキン

・チーズ(最近はキリが多いです)

 

これをある程度細かく刻んで、

ボールに入れて、

オリーブオイルとミックススパイス。

 

あとはフォークとスプーンでよーく混ぜる。

 

お好みでガーリックや、

カレースパイスなんか入れてもグッドです。

ひと鍋パスタをご存知か。

f:id:just-bu-fat:20170516153056j:image

 

最近ひと鍋パスタなるものにハマっておりまして。

 

それは鍋一つ(フライパンでも可)で作るパスタ。

 

根本的に何が違うのかというと、

パスタを茹でません。

 

正確に言うと、

茹でる行程と、調理行程を分けません。

 

作ったソースにダイレクトに乾麺パスタを絡めます。

 

こうすることによって、調理が簡略化される。

一人暮らしなどの賃貸ルームなどでは特に、

一口コンロであることも多いので、だいぶ手間が省けるというメリットがあります。

 

直接ソースの水分を吸わせて麺を戻していくので、ソースの旨味を麺が吸い込むというメリットもあり、通常調理のパスタよりも染み美味麺となります。

 

つまりは、このパスタソース(具)の状態をスープ状にして如何に旨味を持たせるかというところがこの料理の鍵となるわけですね。

 

ここで野菜の出番。

炒めた野菜に水とパスタを加え、

ぐつぐつ中火で煮込んでいく。

 

焦げつかないように、

こまめに返すといいですよ。

麺が硬かったら、水を足して良いです。

 

麺の加減が決まったら、最後は余分な水分が残らないように火を強めにして、炒めていきます。

 

詳しくはこちらの本がオススメ。

 

あつあつ、ごちそう。ひと鍋パスタ

 

パスタはちょっと手間がかかって面倒、

そんな印象が変わりますよ。

 

あさりと海苔のかき揚げ天丼のセット@山田うどん

f:id:just-bu-fat:20170516152020j:image

 

山田うどんは駅名忘れましたが、

バッコスの祭の公演のバラシを埼玉で一緒にやった際に食べに行きました。

 

埼玉だけの展開かと思っていましたが、

7県で展開してるんですね。

 

 

f:id:just-bu-fat:20170516152731j:image

 

高木さんのポスターもありましたZ。

 

紅生姜天のせ @富士そば

f:id:just-bu-fat:20170516150657j:image

 

無性にそばが食いたくなることがあります。

 

この日は涼しい風に晒され続けて、

心も体も身震いしたので温かいやつを。

 

染みました。