読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダ部長の毎日食べ野菜!

野菜に魅せられたおじさんが人生をドレッシングしたいブログ by 西郷豊

あんただけじゃないよこっちだって悩んでんだわ

f:id:just-bu-fat:20170410232346j:image

 

帰り道中。

 

街のラーメン屋で野菜タンメンと瓶ビール。

 

とびきり安いこのお店。

 

合わせて1000円しないんだからビックリだ。

 

店内に入ると終電前の会社員たち。

 

若手が上司達に相談にのってもらってるのか。

はたまた、頼んでもいないのに勝手に上司が説教を始めたのか。

 

そんな光景を傍目に、タンメンを啜る私です。

 

どうも上司サイドが良かれと思って熱くなってる印象なんだよな。部下は、ただ与えられた何かに返事をするだけ。時計ばかり気にしてる。

 

お互い本当に聞きたいことは何も聞けずに我慢してそーだな。という印象。

 

そんな光景を傍目に、タンメンを啜る私です。

 

上の人間はへりくだる過程を知らないから。知らないと言うかできない。やったら終わり。というプライドが、やらないというスタンスに拍車をかける。そんな人がほとんど。

 

部下は逆。わかってもらえないと思って、本音は言わない。へりくだってることをポーズだと気づかない上司が多いから。うぜえなって思われてるかもしれないですよ。その一挙手一投足。

 

そんなのは愛がねーとわたしは思う。

 

部下にも上司にも。もっと言えば目の前のタンメンにも。

 

だったら、後先考えず、部下サイドから打っ込むしかないのか。うーん。上司からもありだぞ。同じ人間なんだからよ。

 

リスクはある。相応の覚悟は必要だ。

ただ、そこで得られる何かは確実に大きい。

 

流されず受けとめる。

 

プライドなんか飛び越えて。

 

関わりたい、気にされたい。

 

そんな気持ちが互いに生まれないのであれば。

 

やめちまおうや。そんな関係。つまんないよ。

 

ただし。

 

やらずしてそうだと勝手に決めつけて諦める。

 

そんな賢さは

 

絶対に違うわな。

 

賢いというか愚か。もっと言えば、馬鹿。

 

最近の若者は何を考えてるかわからなあ。

 

のその後に。

 

ところで大人も何考えるかわからないかい?

 

って言える勇気。

 

逆も然り。

 

若者って何考えてるかわからないすか?

 

って言える勇気。

 

 そんなことを考えながら。

 

なんでそんな気を遣わねばならんのだ。

 

というと。 

 

お互い様だからだよ。人間。

 

そんな光景を傍目に、タンメンを啜る私です。