サラダ部長の毎日食べ野菜!

野菜に魅せられたおじさんが人生をドレッシングしたいブログ by 西郷豊

じゃがいものカレー 〜カレーにじゃがいもはあり派なし派?〜

https://www.instagram.com/p/BRIaWBcDNX_/

マッサマンカレーとガパオのあいがけ弁当 

 

ナンプラーを切らしてしまいましたので、

今日は仕入れがてら久々にサブウェイじゃないお弁当です。

恵比寿ガパオ食堂のマッサマンカレーのガパオ合いがけ。

マッサマンカレーはタイカレーの一種ですね。

タイではゲーン・マッサマンって呼ばれたりするかな?

 

ゲーンってのはタイ語でスープって意味です。

日本で最もイメージされるカレーってのは、ルー状のドロドロしたものだと思います

が、いわゆるタイカレーはこのゲーン(スープ)料理のことなんですね。

もうちょっと馴染みのあるグリーンカレーも、ゲーンキャオワーンとか呼ばれます。

シャバシャバカレーの中でも各国のカレーの中では群を抜いてますね。

 

カレーにじゃがいもを入れるのはありかなしか。

カレーソースのジャンルにも寄ると思いますが、

なし派にはあまり出会ったことがないです。

しかし、実際カレーの具は何かということで揉めて

川遊びどころじゃなくなったという例も、

美味しんぼのカレーの回であったことですし(確か24巻)、

それぞれこだわりはあるかと思います。

 

ただ、このマッサマンカレーはじゃがいもの存在が輝いているんですね。

僕は初めて食べた時、じゃがいものカレーのことを言うのかと思ったぐらいです。

じゃがいもの甘みとココナッツミルクの甘みの調和が絶妙なんですよ。

 

タイカレーはスープに近いので、色々な野菜を合わせやすい印象がありますね。

実際家で作るときなんかは、僕はパプリカやピーマンを入れたりします。

お好みでアレンジしてみるのも面白いかもしれませんね。

 

野菜をたくさん取れる料理の一つにスープもありますね。

僕はスープも好きなんですよ(嫌いな人ほとんどいないか 笑)。

常備の野菜スープが切れたので作っています。

 

ちなみにこのマッサマンカレーが有名になった経緯として、

一時期アメリカのCNNgoが世界一美味い料理と紹介したことで

話題になったそうですが(それが後日間違いだったと公式に発表されたとか)、

世界一なんてのは人それぞれの味覚で変わるのでどうでもよいことです。

そうじゃなくても美味しいものは美味しい、だから好き。

個人的にはそれでいいと思ってます(笑)

 

今回利用したお店、恵比寿ガパオ食堂の情報です。